医療事故は弁護士に依頼して医療訴訟をしよう

難しい医療訴訟

医療訴訟は、訴訟の中でも特に難しい訴訟だと言われています。それは主に、医療という医学分野特有の知識を必要とされることと、訴訟のために必要な資料はほぼ病院側が所持していることが多いということです。 他にも、心情的にお世話になった医師の先生を訴えたくないとか、最初から重い病気だったから亡くなったり、障害が残ったりという病院側のミスに気付かない場合もあります。 以上のことから、医療訴訟では弁護士を使わない本人訴訟で裁判を行うのはほぼ不可能です。医療訴訟に慣れている弁護士にお願いして、始めて病院側と戦う土俵に立てるというのが現状です。 弁護士とは長いお付き合いになるので、きちんとした先生を選ぶことをお勧めします。

いざ医療訴訟が始まると、裁判で戦ってくれるのは自分ではなく弁護士の先生です。しかし、当時自分がどういった状況でどうなったとか、希望はどういう解決を望むかなど、詳細をきちんと弁護士に伝えておくことが大切です。 裁判は、判決で終了するだけでなく和解で終わる場合もあります。弁護士がそれを薦める場合もあるので、自分としてはどこまで譲歩できるかを決めておくことも大切です。 医療訴訟は解決が難しい訴訟だと言われていますが、それは被害者側が泣き寝入りしていることも一因です。さらなる被害者を増やさないためにも、自分のためにも、必要だと感じたときは勇気をもって立ち上がることが大切です。弁護士はお金がかかるというイメージがありますが、料金は法律で定められているので、まずは法律事務所に足を運ぶことが第一歩です。